« 平下治のGIS物語52「朝日新聞に記事」 | メイン | 平下治のGIS物語53「GIS上級技術者懇談会」開催 »

ニコラ・テスラの銅像

形が出来上がりました

一昨日(2月26日)富山県高岡市で建造中の「ニコラ・テスラ」に会って来ました。

セルビア大使館の文化担当領事のアレクサンドラ・コヴァッチさんと新潟から駆けつけて頂いた発起人のお一人大谷さんと私の3人で作者熊谷友児さんのアトリエに行きました。

アトリエに入った瞬間粘土で出来たニコラ・テスラが堂々とした姿を見せていました。

実に素晴らしい出来栄えでした。後はイメージ的にニコラ・テスラに似ているかどうかです。
いくつかの写真だけ(俯き加減、横向き、年齢の差などしかも正面を向いた写真が無い状態)で立体像を再現するのは大変難しい作業のようです。また、1侈椶鮨┐辰燭世韻任らりとイメージが変って見えるくらい微妙なものでです。(実際に目の前で見てびっくりしました)



色々、注文をつけさせてもらって修正し、写真を撮って戻ってきました。あとは、完成を待つだけです。

コソヴォ問題で悩ましい時ですが日本とセルビアが仲良くなると言うことには皆大賛成のはずです。
「ニコラ・テスラの銅像」がほんの少しでもお役に立てるならと願っています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jps-net.com/mt/mt-tb.cgi/136